ポワポワ天然系肌白ゴルファー小祝さくら

小さく祝うさくら。なんとステキな名前でしょうか。
今回は天然系と言われる小祝さくら選手をご紹介します。

[プロフィール]
名前:小祝さくら(こいわいさくら)
生年月日:1998年4月15日(2018年7月現在20歳)
身長:158cm
体重:58kg
血液型:A型
出身地:北海道北広島市
出身校:飛鳥未来高等学校
ゴルフ歴:8歳~
趣味:音楽、ライブ、食べること

 

小祝さくら選手は1998年生まれです。
そうです「勝みなみ」選手、「新垣比菜」選手、「畑岡奈紗」選手と同じ黄金世代の一角を担う選手なのです。

 

その中でも独特の感性を持つさくら選手。
ゴルフで緊張したことはほとんどないそうです。
いつもポワンとしている、天然系です。そして肌が白い!美白です!

サンスポコムさん(@sanspocom)がシェアした投稿

さくら選手がゴルフを始めたのは8歳の頃。
宮里藍選手のファンだった母親のゴルフレッスンについていったことがキッカケだったようです。

 

さくら選手のことを調べると、母親であるひとみさんの記事をよく見かけます。

 

2016年11月14日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話~強い母は本当に幸せなのか?SP~」で取り上げられていたんですね。

 

さくら選手と弟さんの二人を女手一つで育てた母ひとみさんは、高額なゴルフ費用を稼ぐためにスナック経営をして深夜まで働き、寝る間も惜しんでさくら選手の練習の付き合いまでしていたそうです。とても簡単に真似できるようなことではありませんね。

 

さくら選手自身も通信制の高校に通い始めると、日中はゴルフ場で働き、それから練習をするという大変な毎日を送ってきたようです。

 

そんなさくら選手ですが、決してスポーツが特だったわけではなくて、というかむしろ運動は苦手だったみたいですね。
小学6年生のとき、50メートル走のタイムが11.6秒だったそうです。
確かに遅いかも。

 

それでもゴルフを始めると、メキメキと上達していったそうです。
確かにプロゴルファーって、ゴルフ以外の運動は全然ダメって人がけっこういるなんて話も聞きます。

 

ゴルフで緊張したことはほとんどないというさくら選手ですが、そんなさくら選手が人生で一番緊張したのは、大好きな韓国のグループ「防弾少年団」のライブで席が近すぎた時だそうです。

 

女の子らしいなと思いつつも、ゴルフで緊張しないのはスゴイですね。

 

同期の選手の話ですが、プロテストの時、さくら選手は合格できるか微妙な位置で最終日を迎えたのだと。
それなのに、緊張のあまり朝ご飯が喉を通らない他の選手達と違って、マイペースにモリモリもぐもぐ食べていたんだとか。

 

2018年6月末までにトップ10入りを3度果たし、「中京テレビ・ブリジストンレディスオープン」では2Tで優勝争いもしています。

 

リランキングはもちろんのこと、シード選手も十分狙えそうなペースですね。

 

早く優勝してほしい選手の一人です!
応援しております!

 

 

それにしても、さくら選手のとても白い肌が気になってしまいます。
日焼けしないのかなこの方は。

 

北海道の人って日焼けしないんでしたっけ?
と思うオクラさんなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました