探偵!ナイトスクープ「心臓に悪い!妻の「ンガー!」 」名作 衝撃編

※注 ネタバレあり

 

今回は2013年2月22日放送「心臓に悪い!妻の「ンガー!」  」です。
依頼内容を聞いたとき、緩いネタかと思っていたのですが・・・
思った以上に、想像以上のンガー!でした。

 

 

秘書:松尾 依里佳さん
顧問:桂 ざこばさん
探偵:松村 邦洋さん

 

スポンサーリンク

 

依頼内容

 

広島県在住の50歳男性からの依頼。
妻は眠りに入る瞬間「ダー!」とか「ンガーッ!」と、無意識に叫ぶクセがある。
寝室は2階にあるが、その声は1階のリビングにまで聞こえる。
結婚して25年経つが、毎日叫んでいる。若い頃はまだよかったが、50歳を過ぎ、夜中に隣で突然絶叫が聞こえるたびに、びっきりして心臓が痛くなる。

最近では妻の叫び声を聞いてから、時間差でベットに入るようにしている。
毎晩こんな感じ。どうにかならないかと。

 

本編

 

依頼者宅へ

 

依頼者宅へ向かう松村探偵。
玄関で依頼者の方が出迎えてくれます。

 

なんだかとてもいい人そうなご主人です。

 

早速お話しを聞くことに。
次女も同席です。
奥様はまだ帰ってきていないようす。

 

ご主人「眠りに落ちる瞬間に叫ぶんです」

 

松村探偵「だーとか?」

 

ご主人「ううん、そんな、ダーとかじゃなくて・・・」

ご主人

 

「ダァーーーッ!」

 

松村探偵

 

「ダッアー!って!?」

 

ご主人「そうそう!」

 

松村探偵「そんな生き物いませんよぉ」

 

奥様が帰宅です。

 

「寝る間際に、なんか、大声出されるみたいですねぇ」
「お母さんは、自分が叫んでるっていう自覚はあるんですか?」と松村探偵。

 

「ないです」と奥様。

 

全くないです、と。

 

「いい迷惑ですねぇ~」
「いつ頃からやってるんですか?」と、松村探偵。

 

「小学校・・・10歳くらい?」と奥様

 

かれこれ40年間、毎日叫び続けているそうです。

 

そんな奥様、ご両親から言われていたことがあったのだと。

 

結婚する相手が決まったら、結婚までは外泊はしてはいけない。

 

バレると破断になるからだそうです。笑

 

初夜を迎えるまではダメ、と。

 

 

松村探偵「びっくりしたでしょ?ダーわ・・」

 

ご主人「騙されたもんですよね」

 

 

だから、新幹線に乗ってるときも怖い・・・

 

人がいない席を狙うのだと奥様。

 

「眠りに入るときって、なんかこう、ふっとなるじゃないですか?」
「私は・・・なんだろう・・・ハードル超えるんですよ」
「眠りのハードルを・・・」

 

なんだかよく分からないことを言っています。

 

「眠りのハードル」を飛び越える時に、無意識で叫んでいるらしいです。

 

ここで心強い味方が登場。

 

谷均史先生。

 

こちらも常連さんですね。

 

医学担当。

 

事情を説明する。

 

「聞いてみたいですね~」と谷先生。

 

すぐ寝れるという奥様。

 

眠りに入る奥様

 

2階の寝室へ。

 

お風呂も入って寝る準備万端です。

 

カメラを設置し、他の人間は1階へ。

 

モニター越しにベットへ潜り込む奥様。

 

あくびをします。

 

準備はOKでしょうか。

 

もぞもぞしてます。

 

「布団に入って3分が経過しました」と、松村探偵
「手が動いて・・・」

 

「うぁーっ!」

 

あまりの衝撃に、目を見開いたままフリーズする松村探偵。

 

谷先生も言葉が出ません。

 

叫ぶと同時に、体も少し反動で浮き上がっています。

 

軽くエクソシスト。

 

松村探偵ん「すごいっすねー」

ご主人「でしょ」

次女「でしょ」

 

「いや、これね、絶対新幹線で寝たらダメでしょ」と、谷先生。

 

 

松村探偵「これ、起きてんじゃないです?」

ご主人「いえ、もう寝てます」

次女「今、ハードルを越えたと思います」

 

 

確認するために2階へ昇る一同。

 

寝ていることを確認する谷先生。

 

熟睡してます。

 

とりあえず起こすことに。

 

松村探偵「僕誰だか分かりますかお母さ~ん」

 

・・・

 

反応なく、ご主人に叩かれる

 

「!?」

 

目を覚ます奥様。

 

瞼が思い奥様ですが、一緒に映像を確認する。

 

ご自分で見るのは初めてのようです。

 

ソファーに座りながら、その瞬間が映像で訪れると・・・

 

飛び跳ねる奥様

 

驚き笑い出す奥様

 

「へへ」

 

思った以上の衝撃だったようです。

 

次女「ずっとこれだったんだよ」

 

旦那「治るもんならね、治して頂ければ・・・」

 

谷先生曰く、一番はストレスが原因で、ためこんでいるタイプでは?

 

話しを聞いてみると、実際に、幼稚園から小学校低学年まで自家中毒でよく入院していたそうです。

 

自家中毒とは?
周期性嘔吐症とも呼ばれ、普段元気なこどもが急に何回も吐く症状が続き、元気になり、また同じことを繰り返す病気。ストレスが原因で起きるそうです。

 

子どものころからストレスを抱えていたのではと。

 

「ストレス溜まってる方、寝言でバァーっと言う方多いんですけど・・・」と、谷先生

 

するとご主人が、

 

「しりとりを始めたんですよ一人で・・・」

 

寝言で「しりとり」!?

 

ここでご主人、書き留めたメモがあるをとりに行く。

 

リス→スイカ→カラス→カッパ 戻ってる

 

しりとり以外も

 

おーーーー、イライラする

しつこいんよ!

 

お前んとこの部長がしつこいんよー!

 

うるさい!!青虫つぶしたらくさい!!

 

ハハハハハハ

 

つぶすなゆーただろこのバカっ!

 

↑※注 寝言です。

 

 

手を叩いて爆笑する谷先生。(^^)

 

めっちゃストレスたまっているようです。

 

日頃のストレスを発散することに

 

会社でストレスが溜まっているため、ストレスを発散しよう!

 

ということで、会社の同僚に電話をします。

 

「どうしたんですか?」と同僚の女性

 

「勇気を出してね、言いたいことがあるんよ」と奥様

 

「私のこと、オッサンって言うなー!」

 

「・・・・・」

 

「なめてんじゃねーぞこのやろー!」
「なめたら許さんぞおりゃー!」

 

松村探偵に言わされてます。

 

「前からムカツイとったんじゃーい!」

 

便乗して・・・

 

「前からムカツイてんだたむけんこのやろー!」と松村探偵。

 

「人のことポンコツとか言いやがってコノヤロー!」

 

この際、溜まってる人みんなに言いましょうよということで。

 

旦那様に面と向かって

「机の上を綺麗にせーい!」
「毎晩毎晩毎晩、ここで寝るなー!」
「どうしても履きたいパンツを・・・日本製でえーじゃんか!」
「なんでいっつもハワイからこうてくるんじゃー!」
「高いんじゃあれー!」

「たこないわ安いんじゃ」と反論するご主人。

「高いんじゃ輸送料かかっとんじゃー!」

 

言い返される・・・

 

続いて次女に

 

「あるん?」と言うが・・・

 

「いつもいっつも、母さんのことをこうやって(頭を手でぽんぽん)ええこええこってゆーなやー!」

どうやら子ども扱いしてる?

「親親親!!」

「母親!!」

 

両手の人差し指で自分を指す

 

ラッパーみたいです。

 

「腐った乳首って言うな!」

 

 

「ワレが吸うたけぇ、なったんじゃあや!」

 

「すっっごいスッキリ!」と、奥様。

 

谷先生にもなんか言わせようとする松村探偵

 

・・・

 

「髪切れや!」

 

 

スッキリしたとこで寝てもらう。

 

5分経過

 

「なんか、よくなったんじゃないですか?」と松村探偵。

 

・・・

 

「んぐぁーーっ!」

 

失敗

 

次の作戦

 

谷先生の案

 

抱きしめて安心させてあげる作戦

 

ということで、

 

ベットの中でご主人が後ろから抱きしめて寝る。

 

若かりし頃が蘇ります。

 

髪の毛を撫で始めるご主人。

 

すぐさま

 

「うぁーーー!」

 

失敗

 

びっくりしたご主人

 

確かに真横で毎日これはしんどい・・・

 

最終手段

 

催眠術の足立先生。

 

暗示をかける足立先生。

 

「たぶんハードル無くなったからいけるんじゃ・・・」

 

そして皆がベットの周りで直立しながら見守ること10分

 

「寝てるんかな?」 ぼそぼそ

 

「大丈夫じゃないですか?」 ぼそぼそ

 

・・・・・

 

・・・・

 

「んぐぁーーーっ!」

 

失敗

 

「なにこれ?」と足立先生。

 

かなり驚いたようすです(^^)

 

「私が今後我慢していけば済むことなんで・・・」とご主人。

 

部屋を去ろうとする探偵一行。

 

動き出した瞬間

 

「うあっ!」

 

弱めで叫ぶ奥様

 

2つ目のハードルを越えた!?(*^▽^*)

 

それともお別れの挨拶?

 

タイミングよすぎです。

 

ちゃんちゃん

 

最後に

 

スタジオにて。

 

西田局長「あの~、治りはしなかったけど、面白かった~」

 

人間はまだまだ不思議がいっぱいです。
これまでの常識をあっさり覆されたオクラさん。
衝撃的な回でしたが、それ以上にも面白かった回でした。

 

 

いや~、ナイトスクープって、ほんといいですね♬

 

タイトルとURLをコピーしました